社長挨拶

創業43周年、そして未来に向かって

社長挨拶

株式会社日本機材は、昭和53年の創業以来、43年間一貫して、仮設機材リース業に従事して参りました。
足場をはじめとする仮設機材は、建設工事には欠かせないものである反面、工事終了後には全て撤去され、いわゆる 『世に残るもの』 ではありません。それ故に、時として 『地味な仕事』 として軽視されがちです。
しかし、仮設機材は現場で働くすべての皆様の安全を確保し、命を守る大切な役割を果たしています。

近年では、手摺先行足場などの導入が進み、より安全な仮設機材が普及して参りました。
しかし、現場での事故は減少傾向にはあるものの、その減少の勢いには陰りが見受けられます。
弊社では、現場での事故ゼロを目指し、引き続き、より安全で作業効率性の高い仮設機材の供給を目指して参ります。

また、定期的な研修をはじめとした社員の安全教育を徹底するほか、3D CADを用いた図面作成の導入により、弊社の従来からの強みであるコンサルティングサービスを、より発展させ、時代に即した形で提供することを目指し、日々努力して参る所存です。

日頃からご愛顧頂いているお客様におかれましては、感謝を申し上げますとともに、引き続きご指導・ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

令和3年6月吉日
株式会社日本機材
代表取締役 内山 清士