沿 革

  • 長沼機材センター(昭和56年頃)

  • 丘山機材センター(昭和56年頃)

  • 単管作業・ケレン作業中(昭和57年頃)

  • 単管作業・ケレン作業中(昭和57年頃)

  • CAD支援システム等のソフトウェア開発(平成10年頃)

  • パワープレーヤーCADスタッフ(平成10年頃)

昭和53年3月 建設用仮設機材のレンタルを目的に千葉県千葉市新港に株式会社日本機材を設立
資本金1,100万円
昭和54年7月 資本金を4,000万円に増資
昭和56年4月 一般建設業千葉県知事許可登録
6月 本社を千葉県千葉市中央港に移転
東金支店を千葉県東金市東金に開設
8月 東金機材センターを千葉県東金市丘山に開設
昭和57年11月 東京営業所を東京都中央区日本橋茅場町に開設
昭和59年12月 東金支店を千葉県東金市滝に移転
昭和62年4月 埼玉支店、埼玉機材センターを埼玉県入間郡鶴ヶ島町に開設
昭和63年9月 東京営業所を東京支店に改称
平成元年11月 東京支店を東京都中央区日本橋大伝馬町に移転
東金支店を東関東支店に改称
埼玉支店を北関東支店に改称
東金機材センターを東関東第一センターに改称
埼玉機材センターを北関東第一センターに改称
平成2年4月 東関東第二センターを千葉県印旛郡八街町に開設
平成3年3月 東関東第一センターを拡張、小野置場を開設
平成4年10月 東京開発事業部を東京都千代田区内神田に開設
平成5年4月 北関東第二センターを埼玉県比企郡に開設
平成6年3月 東京開発事業部を東京都中央区日本橋大伝馬町に移転
平成9年3月 高水圧ケレン洗浄装置を開発、各センターに設置
平成10年9月 関連会社、株式会社テックオールジャパンを設立
11月 本社を千葉県千葉市美浜区中瀬に移転
平成11年11月 資本金を5,000万円に増資
平成12年4月 神奈川営業所を神奈川県綾瀬市に開設
平成13年11月 東京支店、東京開発事業部を東京都中央区新川に移転
平成14年3月 業務効率化に伴い、北関東第二センターを閉鎖
8月 業務効率化に伴い、神奈川営業所を閉鎖
10月 酒々井機材センターを千葉県印旛郡酒々井町に開設
平成15年1月 東京支店、東京開発事業部を東京都中央区日本橋に移転
10月 「F1先づけ手摺ユニット」のレンタル開始
平成16年4月 手すり先行工法足場「ミレニューム」のレンタル開始
平成17年5月 東関東第一センターを拡張、長嶋置場を開設
8月 先送り式手摺先行ユニット「エアフォールド」のレンタル開始
9月 自動クランプ整備装置を導入、各センターに設置
平成18年1月 東京開発事業部を東京支店第2営業部に改称
4月 北関東第一センターを拡張、川越置場を開設
10月 東関東第二センターを拡張、第二ヤードを開設
平成19年5月 足場板滑り止め塗布装置を開発、東関東第一センターに設置
平成20年1月 業務効率化に伴い、酒々井機材センターを東関東第二センターへ統合・閉鎖
4月 内山清士が代表取締役に就任
本社を東京都中央区日本橋に移転
平成21年9月 東関東第二センターを拡張、第三ヤードを開設
ミレニューム専用高水圧ケレン洗浄装置を開発、東関東第二センターに設置
平成22年4月 技術室を千葉県市川市へ移転、技術部へ名称変更。
平成22年7月 東京開発支店を東京都中央区日本橋に新設
平成24年1月 資本金7,000万円に増資
平成24年3月 ミレニューム支柱ジェットクリーナーシステムを開発、東関東第二センターに設置
平成25年6月 宮城県仙台市に仙台機材センター
東北支店を開設
平成25年7月 宮城県仙台市に東北支店を新設
新支店設立、業務効率化に伴い、東京第二支店を東京支店へ統合、閉鎖
平成25年9月 ミレニューム先行手摺筋交いジェットクリーナーシステムを開発、東関東第二センターに設置
平成25年11月 南行徳に市川営業所を開設
平成26年2月 鋼製布板用ジェットクリーナーシステムを開発、東関東第二センターに設置
平成27年6月 本社移転