ミレニューム ~手すり先行工法

安全性の向上

ミレニュームの先行手摺筋違は、作業床より高さ900mmの位置に手摺(27.2φ)があり、手摺と作業床の空間を斜め材(21.7φ)2本の筋違構造にしており仮設工業会単品承認を取得しています。開口面積は4分割になり、2分割の2段手摺より安全で転落の危険性が極めて少なくなり、先行手摺と2段手摺を兼ねたシステム本足場です。
L型巾木(仮設工業会認定品)も改善措置機材として準備しております。

段差の対応も補助支柱で安全
段差の対応も補助支柱で安全                    

スロープの対応も補助支柱で安全
スロープの対応も補助支柱で安全                  

作業効率の向上

組立時、常に一層上の作業床の取付け前に、先行手摺筋違を取付けます。解体時は逆手順で安全に作業が行えます。単管・クランプもほとんど使用せずに施工組立ができます。

開口部には専用梁枠で対応
開口部には専用梁枠で対応                     

大組大バラシが可能です
大組大バラシが可能です                      

機材の省スペースの追求

余分な機材を排除することにより運搬コストの削減・省スペース化を実現しています。

荷取ステージに使用可能
荷取ステージに使用可能                      

安全で安心感のある手摺先行工法足場

先行手摺と2段手摺の機能を有していますので、極めて安全性の高いシステム足場です。

コーナーの納まりも機能的
コーナーの納まりも機能的                     

組立手順

1.

敷板・ジャッキベースの設置


2.

支柱・布材(根がらみ)の設置


3.

支柱の設置


4.

先行手摺ブレースの設置


5.

作業床レベルに布材の設置


6.

上層の先行手摺ブレースの設置


7.

床付布わくの設置


8.

第1作業床の完成


9.

900mm(腰)の位置で支柱の設置


10.

前箇所に支柱を取付けた状態


11.

以降同手順で組立


12.

3層目まで完成した状態